自分たちのテントでセルフグランピングしたらもっと楽しいんじゃないか。おしゃれなファミリーキャンプをするためのキャンプテク。

スポンサーリンク
インタビュー

ファミリーでグランピングをされたのをきっかけにセルフグランピングを目指されている@rkrnrm さん。おしゃれなキャンプをするためのレイアウトや積載テクニックを紹介♪子連れにおすすめのキャンプ場も。

プロフィール

Instagram:@rkrnrm さん

●キャンプ歴
    6ヶ月

●家族構成
   30代夫婦と10歳7歳5歳の三姉妹

キャンプを始めたきっかけ

 2年前頃からグランピングにハマり、いろんなグランピング施設に泊まったりして家族で楽しんでいましたが、自分たちのテントで自分たちでセルフグランピングしたらもっと楽しいんじゃないかと思い、始めました☆*°

おススメしたいテント

DODのタケノコテント

約8,6畳もある広々でお家の様なワンルームテント!セルフグランピングには、もってこいの素敵なテントです(^^)レイアウトを考えるのも楽しく、大きいので難しそうに見える設営もとても簡単でおすすめです。

DOD ディーオーディー タケノコテント

おススメしたいキャンプ場

南紀串本リゾート大島@和歌山県

本州最南端にあるキャンプ場。
数えきれないくらい満天の星空を初めて見て本当に感動したのを一生忘れないと思います☆
そして家族みんなで入れる貸切露天風呂がとても魅力的でした。
海岸で子どもたちは貝殻拾いや生き物を見つけたり、自然と触れ合える素敵なキャンプ場です。

南紀串本リゾート大島

おススメしたいキャンプテク

積載テトリス

我が家はセルフグランピングを目指しているので、幕内のレイアウトなどキャンプ場に持って行きたいものが多すぎてとにかく荷物が大量です。(笑)
布団は圧縮袋で圧縮したり、ほんとにテトリスの様に上手く隙間を埋めていくのが積載のテクかなぁと思います。

家族でこれからキャンプを始められる方、初心者ファミリーキャンパーの方に一言

まだまだ我が家も初心者ファミリーキャンパーですが、キャンプならではの不便さを楽しんで、子どもたちと一緒に自然に触れ合ったり、満天の星空を眺めたり、たくさん遊んでたくさん笑って美味しいものを食べて、こんなに幸せな体験はキャンプにしかできないんじゃないかなぁと感じます✩.*˚
まずは私たちのようにグランピングでもコテージ泊からでも!家族で過ごす時間を満喫できると思います^^

みんなのおすすめギアはこちら

Instagram:@rkrnrm さん

FamilyCampPicではみなさまへのインタビューにお答えいただける方を募集しています。

投稿採用された方の中からアンバサダーのオファーをさせていただく場合があります。

ご興味ある方はここまで☟

企業様向けinterviewはこちら☟

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです!
この記事を書いた人
しばた おぼろ

ファミリーキャンプ歴 6年目 関西在住 アラフォー主婦
ファミリー:夫(40代)、妻(ギリ30代)、長女(12歳)、長男(9歳)
ページ管理人。ファミリーキャンプを始めてソロとは違うハードルを感じる。子どもやペットのためにキャンプをはじめる人も多いので、ファミリーキャンプでのお役立ち情報を沢山集めたい!と考えサイトを運営しています。

しばた おぼろをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インタビューキャンプギアキャンプテクキャンプ場近畿地方
スポンサーリンク
しばた おぼろをフォローする
FamilyCampPic
タイトルとURLをコピーしました